『蘊承軒・国際文化芸術窓口』三十二 (中国語・日本語) 《第18回KOBE華人華僑業余文化生活展》随想

90
更多精采内容请下载官方APP: 苹果(iPhone)安卓(Android)安卓国内下载(APK)

神户華僑総会2017年11月17日在中華会館7F東亜大厅举办的为期三天的「神户華人華僑業余文化生活展」拉开帷幕。这个展览2年举办一回,到今年迎来的是第18回。

2年前的2015年,很荣幸应神户中華同文学校張述洲校長之邀,我《蘊承軒》研究室的作品被展覧会招待出品。当时我希望借此机会使我们在日的同胞有更多机会接触到祖国传統芸術,这一想法得到了張述洲校長和華僑総会、中華会館的大力支持,在会場设立了「中国传統絵画体験课桌」,我在現場指導。当时展覧会展示作品有水墨書画、水彩画、油絵、日本画、写真、木工、手芸、插花等……真的是一次极好的展覧会。体験课桌也反響很好!

張述洲校長在第17回展覧会後新聞記事里关于神戸華僑的歴史做了以下简述:『神户華僑落地生根148年,为当地社会的発展做出了不可磨灭的贡献。但是据老前辈介绍,靠菜刀(料理業)、剪刀(裁縫業)、剃头刀(理髪業)俗称「三把刀」开创了天地的中国人,在日本社会的形象似乎是只会赚钱,没有什么文化生活。为此,三十多年前,时任神户華僑総会会长、神户中華同文学校校長的著名侨领李万之先生提出:用什么样的方法为华侨提供发表自己的艺术作品的机会?用什么样的活动提高华侨文化艺术水平……于是1979年9月1日,第1回「神戸華人華僑業余文化生活展」诞生了。』

我担当展覧会現場指導。为在日華人華僑同胞们能将中国和日本通过两国民族文化及芸術交流学习,使双方更加深理解,我特别将在10月于大阪《船場書画展・日中友好大阪画院展》出品的中国大陸的李連仲先生、孫学東先生、王軍先生、趙春利先生和在日中国画家牛子華先生、金属造形作家楊海峰先生的作品和京都造形芸術大学通信教育9名宋画模写作品招待出品。

3天的展覧会期间,華僑総会和神户中華同文学校孩子们及家长、友人等络绎不绝的来到中華会館会場,欣赏着作品也加深了华侨間的友谊。来会場的孩子们也尽情的体験了水墨画,真的是最棒最有意义的展覧!

在这次展覧会上我边指导水墨画体験,边为来会場的观者解説和案内作品中,我有了很多感動和感触……

展览初日,老华侨林先生看着孫学东先生和趙春利先生的書法作品,激发出对祖国的无限怀念!林先生是第三代老華侨,他们这一代经历了很多。林先生原是摄影师,阪神大地震时他的照相器材都浸水了,现在也是很多以往拍的照片资料无从着手整理的心境,因为会想起那次惨不忍睹的天灾……他欣赏着孫学东先生的“醉翁之意不在酒”的書作,感怀着祖国文化的深远;详読着趙春利先生的简历,我俩人谈到了南水北调,谈到了长江、黄河・・・在海外游子的心中,那是我们的祖国!还谈到看到祖国的天安门、上海的月亮和日本的月亮是同一个月亮…祝愿着世界的和平友好!

最后林先生譲我代他谢谢两位書法家给了他这么多感动。一张画、一幅字能给观者带来这么多的追忆和感动,我感动着林先生的感动……同时感叹这个我原来没有想到的更大的收获。我努力这个展览的真意得以升华……

听老华侨讲他们的故事,协助家长一同培育孩子们文化艺术素养,增强自信心和自豪感,在日本愉快幸福的生活…是我倾心《KOBE華人華僑業余文化生活展》的由衷!这次的展览,还有水墨画体验课桌,大家热心的响应,我真的心里暖暖的……

每年的大阪画院展我都招待中国大路书画家出品,神户華人華僑業余文化生活展我招待日本画家出品,这两个展的社会反响都极高,达到了真正民间地域人的相互交流学习,增进了相互的理解和尊重。大阪画院展有了“明年一定办得更盛大”、神户《KOBE華人華僑業余文化生活展》因特别成功也有了“希望每年举办一次”的呼声!

展览会上感人热闹的场面多多,在此笔不前驰,以后有机会详述。

文末,感谢特邀出品的中日艺术家和神户華人華僑及神户中華同文学校的孩子们,为你们的作品喝彩!感谢張述洲校長和華僑总会及各方的的信任和支持,我将更加尽心协助神户華僑总会使同胞的業余文化生艺术生活更加丰富多彩,并与大家一同期待下一次的展览・・・

【日本語】神户華僑総会主催の「神户華人華僑業余文化生活展」が、中華会館7Fの東亜ホールで11月17日から19日までの三日間、華々しく開催されました。これは2年に一度開催され、今年で18回を迎える展覧会です。

2年前の2015年、光栄なことに神户中華同文学校の張述洲校長からお話があり、私の蘊承軒研究室の作品がこの展覧会に招待される事となりました。

私はこの時、在日中国人の方々にもっと祖国の伝統芸術と触れ合って頂きたいと考えました。その考えを張述洲校長と華僑総会、中華会館の方々にも支持して頂きました。会場には「中国伝統絵画体験コーナー」が設けられ、私は現場で指導を行いました。この展覧会の展示作品は水墨書画、水彩画、油絵、日本画、写真、木工、クラフト、手芸、生花など幅広いジャンルから集まり、本当に素晴らしい展覧会となりました。体験コーナーも大反響でした。

張述洲校長が第17回の展覧会後の新聞記事に、神戸華僑の歴史を以下のように述べられています。

『華僑が旅先の土地・神戸に住み着いて148年。この地域の発展に消すことの出来ない貢献をしました。華僑の先輩は包丁(料理業)、ハサミ(裁縫業)、剃刀(理髪業)—俗称「三つの刀」で中国人の天地を切り開きました。日本社会では(一般的に)中国人は稼ぎ上手だけれど文化的な生活感覚は欠けていると思われがちです。この為、当時の神戸華僑総会会長・神戸中華同文学校校長の李万之先生は、華僑たちの文化芸術作品の発表の場を設けて華僑の文化と芸術に対する教養水準を向上させたいとの思いから、30年前の1979年9月1日に第1回「神戸華人華僑業余文化生活展」を誕生させました。』

第18回目を迎えた今年、私は展覧会の現場指導担当になりました。在日華人華僑の同胞に対して、中国と日本の二つの文化と芸術に通じる事が双方の理解を最も深めると考え、私は中国大陸の李連仲先生、孫学東先生、王軍先生、趙春利先生と在日中国画家の牛子華先生、金属造形作家の楊海峰先生と京都造形芸術大学通信教育9名の宋画模写作品を招待し展示しました。

3日間の展覧会開催期間中、華僑総会の方々と神户中華同文学校の子供達と保護者の皆さん、そのご友人など沢山の人が中華会館の会場に訪れ、作品を観ながらそれぞれに親交を深めておられました。会場を訪れた子供達も思う存分に水墨画を体験しました。本当に最高の展覧会でした。

私は今回の展覧会で、水墨画体験コーナーを指導し、会場に訪れた方々に作品の解説とご案内をしながら、多くの感動と気づきを味わいました。

初日、華僑の林先生が中国大陸から招待出品された孫学東先生と趙春利先生の書道作品とプロフィールをご覧になり、「祖国をとても懐かしく感じられた」と語られました。林先生は元々写真家でもあります。阪神淡路大震災でフィルムとカメラを水によって酷く損傷した事で、今もカメラに触れられない心境でした。孫学東先生の書「酔翁の意は酒に在らず」をご覧になり、祖国の文化の奥深さに感銘を受けられていました。更に趙春利先生のプロフィールを詳しく読まれて、私に「南方の川の水(特に長江の水)を北へ引いて、北方の水不足に役立てること」(中国語で言うと「南水北調」と言う言葉です)について語られました。長江、黄河・・・中国の「長江、黄河」は、私達中国人にとって『心象風景(心の故郷)』なのです。私と林先生は天安門を観た時の感動についても語り合いました。「上海の月と日本の月は同じ」・・・世界は一つの家族だという観点に立って、世界の友好と平和を心から願う私達なのでした。

林先生は私に「孫学東先生と趙春利先生に『ありがとう』とお伝え下さい」とおっしゃいました。一枚の絵、一作の書がこんなにも観る人の心に追憶と感動を与えるという事に、この展覧会を開催していく意義を深く感じました。

今回華僑の先輩方の物語を聞き、華僑の子供達の伝統文化芸術の教養育成に協力できた事で、私は華人と華僑が自信を持って更に日本で楽しく活躍出来ますようにと願う気持ちが益々強くなりました。2年後に開かれる次の展覧会では、もっと多くの日本人にも参加して頂きたいです。文化芸術を通して両国の理解と交流が深まっていく事こそ、私が「KOBE華人華僑業余文化生活展」に寄せる熱い思いなのです。

第18回展が大盛況のことで、毎年一回展覧会を開催して欲しいと言う声も多く有りました、次回の『第19回KOBE華人華僑業余文化生活展』をご期待ください・・・

執筆者:李留雁

分享: